PR 当ページは広告を含む場合があります。

和歌山紀南のレア方言「かぁ」を知ってる?地元の人もほぼ使わないレア中のレア

和歌山紀南のレア方言「か」を知ってる?地元の人もほぼ使わないレア中のレア 紀南雑学

和歌山(紀南)の方言と言えば
「やにこい」とか「もじける」が有名です。(多分)

最近では、「〇〇しか勝たん!」が流行りましたが、語源は和歌山の方言じゃないか?ということで「しか」は全国区に。

(「こっちの方が良い」という意味で「こっちしか良い」と和歌山人は言います)

日の目を浴びる方言がある一方、廃れて消えていってしまいそうな本当に死語な方言もあります。

その一つが「か」です。

「か」というか、発音的には「かぁ⤴️」です。

「かぁ」は、和歌山県民もほぼ知らない、レア中のレアな方言です。

私は日常生活でこの「かぁ」を多様するのですが(あえてではなく使いやすいから)
ほとんどの人に「なにそれ?」と聞き返されます。

また、「かぁ」の存在を知っている人にも「言うてるの初めて聞いたわ!」と驚かれ、爆笑されます。

「か」なのか「かぁ」なのか「かー」なのか、正しい表記はわかりませんが、ここでは「かぁ」と書きますね。

和歌山紀南のレア方言「かぁ」とは?

レア中のレア方言、「かぁ」とは一体どういう意味かというと…

単純に・ただ単に・そのまま・シンプルに

といった意味に翻訳されます。

ただ、あまりにもレア方言で、確証持てるソースがありません。
ググっても見つかりませんでした。

情報源(ソース)は私です。

主に、年配の方や田辺市の山奥の方で使われているので、若い人がこの言葉を発することはほぼありません。

方言「かぁ」はどういう風に使うのか?

通常編

「かぁ」+動詞

という形で使います(通常)

「かぁ〇〇する」という使い方です。

ただ単に、単純に、そのまま、というニュアンスなので、以下のような場面で使います。

例文
「これ(珍しい食べ物)どうやって食べるん?」
「かぁ食べたらええんや」→(そのまま何もせずに食べたらええんや)

上級編

田辺市の山奥、龍神村の方は「かぁ」をよく使うそうです。
しかもその使い方はかなり上級者で、さすがに私もこの使い方はしたことがありません。

スポンサードリンク

「かぁやらよ」

「かぁ」+動詞
という使い方しか知らなかった私は、「かぁ」は動詞にもなるのか!
とこの上級テクには驚愕でした。

どういう時に使うかというと

例文
「昨日の休み何してたん?」
「かぁやらよ」→(普段通り何事もなく過ごしていたよ)

みたいな感じですね。

たぶん、、

龍神にお住まいの方、これ合ってます?笑

方言「かぁ」はとっても便利

田辺市、白浜町、上富田町などの地域で、ほとんどこの「かぁ」を聞くことはありません。

でも私は多用しています。
それは、「かぁ」は表現をオブラートに包んでくれるとても便利な言葉だと思うからです。

どういうことかと言うと…

この間、とあるカレー屋さんに行った時の話。

カレーを頼んで、カウンター周りにある調味料などに目をやると、どんぶり鉢が置いてありました。

その中には大量に福神漬けが入っていたのです。

タッパーでもなくただのどんぶり鉢に福神漬けが。ラップも蓋もされずに置いてるのです。

その時私は

「かぁ置いとるんかよ!」

と心の中でツッコミました。

これを直訳すると

「福神漬けをラップも蓋もせずただのどんぶり鉢に入れて置いてるの…!?」

になります。
直訳するとネガティブな印象になりませんか?

「かぁ」を使って文章を短縮することで、ネガティブな表現にオブラートがかかります。

「皆まで言うな…」
という日本人らしい美学が込められた方言なのです。(?)

つまり、かぁやらよ。

そんな訳で、標準語では翻訳しきいれない「かぁ」という方言がとても好きです。

その他にもう一つ、標準語で翻訳しきれない「せえない」という美しい方言があります。
こちらもまた気が向いたらご紹介できたらと思います。

廃れゆく、というか一部の人間しか分からないレア方言「かぁ」に興味を持っていただけたらとても嬉しいです。

さらに活用できたら、和歌山では爆笑取れますので、ぜひ使ってみて下さいね!

🍊🍊🍊

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました