イルカやクジラに触れる!太地町立くじらの博物館へ行ってみた感想

紀南観光

こんにちは。
きい散歩の美柑です。

クジラやイルカの町として、全国的に有名な町の太地町。
最近は色んな意味で有名です(^^;

今回、大人になって初めて「太地町のくじらの博物館」に行ったのですが
これがなかなか思った以上に興味深く面白い!

子供ももちろんですが、大人でも楽しめました。

スポンサードリンク
  

太地町立くじらの博物館ってどんなところ?

博物館というと難しい感じがしますが、博物館だけではなくて、イルカと触れ合えるプールや餌やりができる桟橋などなど‥

見るだけではなく、実際触れて楽しむ事ができる施設です。


イルカやクジラが好きなら、アドベンチャーワールドに行くよりもこちらの方がおすすめですね。
(ショーのクオリティはアドベンチャーワールドの方が上かも)

太地町 くじらの博物館

広いでしょう~!半分海ですよ。
博物館の入場券で、この施設一帯を楽しめます。

因みに入場料は‥

太地町 くじらの博物館 料金

  • おとな  1,500円
  • 小中学生  800円

ちょっとお高く感じるかもしれませんが、行ってみたら「これは安い!」と思うハズ。

このようにエリアが分かれています。

  • くじらの博物館
  • イルカショープール
  • クジラショーエリア
  • ふれあい桟橋
  • 海洋水族館マリナリュウム

それぞれ写真と感想まじえて載せていきます。

くじらの博物館

太地町 くじらの博物館
子供ウケするような可愛い博物館と思いきや、結構マジのやつでした。

実物の標本がとても多くて‥(ホルマリン漬けのクジラなど。)ビビりました(^^;
ただ、勉強にはなりました。

1階は骨格標本

博物館に入るとすぐ、くじらの骨の標本がドドーンと天井に吊るされています。とてもダイナミック。

太地町 くじらの博物館
くじらってこんなにデカイのか‥30数年生きてきて初めて知ったゼ。

お土産コーナーも1階にあります。
入ってすぐお土産コーナーなので‥なんでやねん!って感じですが(笑)

2階は、生物学的に見たクジラ

というテーマで、クジラの進化について標本を使い詳しく解説してくれています。

ただ、この標本ってのが・・凄い。

目や心臓、腎臓などの内臓をホルマリン漬けしたものを、そのまま展示しています。

(内臓系の写真も撮ってきましたが、ちょいとグロテスクなので載せるのはやめておきました。)

さらに、クジラの赤ちゃんの標本や胎児の標本なども。

最初はレプリカだろうと思っていたら、どうやら本物らしい。

シャチの胎児の標本・・・

本物と思うと結構ビビる。
胎内にいたままの姿なのでへその緒が付いています。

魚だけど哺乳類という証ですね。

3階は、人とクジラの関わり

という事で、太地町の捕鯨の歴史や他国の捕鯨について資料が展示されています。

ここはちょいと難しくて、展示物が細かい文字多め~だったので、私もあまり興味が持てずサラッと見るに終わりました。

が、この博物館、クジラ(イルカ)オタクにはたまらないと思います。

スポンサードリンク

イルカショープール

1日4回、イルカショーが行われています。

GWに行ったので、座席は満員御礼でした。(博物館の屋上から見ています)

前列の方の方は、イルカの大ジャンプでびっしょり濡れていました。

ショーが終わった後は、直接イルカに触れる事ができる「イルカにタッチ」というイベントが行われます。

太地町 くじらの博物館

● イルカにタッチ/300円

クジラショーエリア

1日4回、クジラショーが行われています。

こちらはプールではなくてほぼ海で行われます。

ふれあい桟橋

餌を購入して、桟橋でイルカやクジラに餌やりができます。

太地町 くじらの博物館
チラッと顔をだしているクジラ‥真っ白だな~と思ったら、世界初の全身白のハナゴンドウ!でした。

また、カヤックに乗りながらクジラやイルカと触れ合うイベントもしています。

● 餌あげ体験/300円
● カヤック/1000円

海洋水族館マリナリュウム

博物館からちょっと歩くと、水族館があります。
パッと見ショボく見えるんですが‥

中に入ると、大きな水族館によくあるトンネル型の水槽が!


イルカ達が楽しそうに泳いでいます。

あまり広くない水族館ですが、見ごたえありました。

今回、くじらの博物館に行った目的の8割は、この水族館のアルビノイルカのスピカちゃんを見る為でした。

水族館の事は、くじらの博物館で珍しいアルビノイルカを見てきた。シロイルカとの違いって何だ?で詳しく載せています。

太地町のくじらの博物館プチ情報

  • 犬は連れて行って良い?

    小型犬でキャリーバッグや抱っこひもなど出来るなら、連れてきてもOK。

  • シャチはいる?

    シャチはいません。

  • ちょいと気付いた事。
くじらの博物館はスタッフさんがほとんど居ない!!

博物館は、入り口の入場券を買うところとお土産屋さんしかスタッフさんがおらず、水族館内は誰もスタッフさんがいませんでした。
無人水族館・・

ふれあい桟橋の近くには、ウェットスーツを着たトレーナーさん達が沢山いましたが、博物館や水族館といった館内施設は係りの人がおらず‥何かと不便に感じました。

太地町立くじらの博物館の情報

  • 住所   和歌山県東牟婁郡太地町大字太地2934-2
  • 電話番号 0735-59-2400
  • 営業時間 8:30~17:00
  • 定休日  年中無休

GW、しかも10連休という日本最大の連休で人は多いとは言え、ゆったりできました。

イルカにも触れるし(しかも300円で安いし)アドベンチャーワールドと比べたら穴場なのかも(‘ω’)

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました